保育

キッズニュース

餅つき・園開放   パルkids陽だまり園

今日は、餅つきがありました。

稲から採れるお米は人々の生命力を強める神聖な食べ物であり、

米をついて固める餅は、とりわけ力が高いとされています。

そこで、祝い事や特別な日であるハレの日に、餅つきをするようになりました。

餅つきは一人ではできないため、皆の連帯感を高め、喜びを分かち合うという意味もあるそうです。

みんなで力を合わせて、お餅を作るぞ!!

 

 

ドキドキ♡

これから、お餅つきが始まるよ!

 

 

 

お米だ!!

これが、お餅になるの?

 

 

 

まずは、目潰し

「餅つき上手は、目潰し上手」と言われるほど、

美味しいお餅をつくには、大切な作業!!

 

 

 

よーし!

みんなで力を合わせて美味しいお餅を作るぞ!!

「よいしょー! よいしょー!」

みんなの威勢の良い掛け声で、だんだんとツルっとしたお餅になってきたよ♡

園開放のお友達だちも、一緒に見学!

 

 

 

 

ネコ型のお餅だ!!

かわいい~♡

 

 

 

お餅の試食!!

もちもちしてて美味しい♡

きな粉とあんこ、みんなはどっちが好き?

少しずつ口に入れて、ゆっくり食べるのがコツ!!

 

 

 

 

小さくちぎるんだ~!

清田管理栄養士さん、おかわりもある?

 

 

 

ほし組は、おもちになる前(つく前)の“もち米”を試食!

きな粉味だよ♡

給食のご飯よりも、やわらか~い

もちもちしてる!!

 

 

 

お兄さん、お姉さん、お餅つき楽しそうだったね!

ぼくたちもやりたいなぁ~

おひさま・ひかり組は、小麦粉粘土のお餅と段ボール杵でお餅つき体験☆

「ぺったん! ぺったん!」

かわいい掛け声とともに、お餅つきを楽しみました♪

園開放のお友だちも、杵を持ってぺったん!

保育園のお友達と一緒に雰囲気を味わいました

 

 

 

ベビーマッサージは、お母さんとゆったり楽しみました♡

 

 

 

日本のお正月行事をまた一つ味わった、パルkids陽だまり園のお友だちです!

お餅のように、何事にも粘り強くチャレンジするぞ!!